笑顔の男性作業員

アクリライトの素晴らしい魅力を知る~バシバシ活用新素材~

アクリルの扱い

会社

アクリル板の取扱いをする上での注意

アクリル板はとても透明性が高い素材ではあるものの、取扱い方法によってはキズがつきやすく、また透明性が高い事も相まってキズが目立ちやすくなる傾向があります。できるだけキズが付きにくくするように配慮をする事はもちろんですが、どうしても長期の使用によってキズができてしまう事があります。この場合、ごく深いキズでなければアクリル板でコンパウンドを活用する事でアクリル板表面を綺麗にしてゆく事ができます。こまかいかすりキズ程度のものであれば、比較的簡単に処理する事もできます。その他、ごくこまかいキズ消しには自動車用のワックスを活用する事も効果的であると言えます。自動車用のワックスを表面に塗布してゆく事でワックスがキズ表面にうまってゆきキズが見えなくなるほか、アクリル板の表面保護としても活用する事ができます。

アクリル素材を扱う際に知っておくと良いこと

アクリル素材を扱う前にいくつか知っておきたい事があります。まず、アクリルは直射日光によって変色する素材もあるという点に注意して取扱いを行う必要があります。特に夏場の炎天下での作業時において、アクリル素材が変色してしまう可能性も考えられるため、アクリル板を屋内などに保管して、なるべく直射日光にさらされない環境において設置などの作業を行う事が大切になります。また、アクリルは温度変化によって若干の伸縮性があります。そのため、アクリル板を設置する際などで、温度変化のある可能性がある場所には、若干の隙間を考慮してから設置する必要性がある場合もあるため、注意が必要です。前もって特性を学んでから設置、または加工などを行う事で、安全で安心な作業を行うことができるでしょう。